ヤフオクの取引中止について知りたい人
ヤフオクで取引中止(キャンセル)にする方法について知りたいな。
取引注意ってどの段階でも出来るものなの?
お客さんへの返金方法はどうやってするの?
こんな疑問にお答えします。
スポンサーリンク

ヤフオクで取引中止(キャンセル)や代金の返金方法をまとめてみた。

ヤフオクを使っていると、様々な理由で取引中止(キャンセル)になってしまう事があります。

購入者
代金を支払ってしまったけど、取引中止(キャンセル)する場合、どのような形で返金されるの?

 

出品者
購入者都合で取引中止(キャンセル)が行われた場合は、出品者としてどのような対応を取ればいいの?

どちらにもこういった疑問はあると思います。

そこで、今回の記事ではヤフオクの取引中止(キャンセル)する場合の方法について、どちらの立場(購入者、出品者)からも解説していきます。

この記事に目を通す事で、取引中止(キャンセル)についての疑問は全て解決されるはず。

それでは、早速進めていきましょう。

そもそも、取引中止(キャンセル)になる原因

ヤフオクで取引中止(キャンセル)になる原因として考えられるものを、ざっと挙げてみます。

取引中止(キャンセル)になる原因まとめ
・出品者側
⇒出品した商品の情報が間違っていた
⇒出品した商品に欠損があった
⇒間違った(異なった)商品を発送してしまった
⇒在庫が無かった購入者側
⇒届いた商品に不備があった

・購入者側(必要無くなった、送料を見ていなかった、他で安いものを見つけた)
ほとんどの場合、上記のどれかに当てはまります。

【購入者】落札後、代金を支払う前にキャンセルしたい場合の対処法

まず、購入者が落札後、〝代金を支払う前〟にキャンセルしたい場合の対処法についてお伝えします。

購入者
間違って入札してしまった。
代金を支払う前のキャンセルはどうすればいいの?
というか、そもそもキャンセルって出来るのかな。
結論として、キャンセルは可能です。
ただし、原則として落札後のキャンセルは禁止となっています。
とはいえ、なんらかの理由でキャンセルにしたい場合もあります。
そんな場合は以下の手順を踏んでください。
落札後、購入者が取るべき行動
⑴取引メッセージで出品者に取引中止(キャンセル)したい旨を伝える。
⑵出品者に取引中止(キャンセル)をしてもらう。

【購入者】落札後、代金を支払った後にキャンセルしたい場合の対処法

お次は、購入者が落札後、〝代金を支払った後〟にキャンセルしたい場合の対処法についてです。

こちらに関しても取るべき行動は先ほどと同じです。

 

購入者
代金を支払ってしまったけど、キャンセルしたい。
どうすればいいのかな?
落札後、購入者が取るべき行動
⑴取引メッセージで出品者に取引中止(キャンセル)したい旨を伝える。
⑵出品者に取引中止(キャンセル)をしてもらう。
ここまでお伝えした通り、落札後、購入者側が出来る事として、出品者に取引中止(キャンセル)したい旨を伝えるだけです。
キャンセルの権限は購入者ではなく、出品者にありますので、「支払う前、支払った後」どちらのケースもまずは取引メッセージで出品者の承認を得てください。

【出品者】ヤフオクで購入者からキャンセルの申し出があった場合の対処法(⇒支払い前)

ここからは購入者から取引中止(キャンセル)の申し出があった場合、出品者はどのような対応をすればいいのか?についてお伝えします。

 

出品者
購入者から取引中止(キャンセル)の申し出があった。
購入者がまだ支払いはしていない場合の対処法を教えてほしい。
購入者が支払いをしていない場合は2つの対処法があります。
2つの対処法
⑴落札者都合で落札者の削除を行う。
⑵取引メッセージでキャンセルを承諾し、そのまま放置。
キャンセル処理をする場合、出来れば⑵の措置をおすすめします。
⑴だと、強制的に購入者に対して悪い評価が付く仕様になっていますので、仕返しをされる可能性も無くはないからです。

⑴落札者都合で落札者の削除を行う。

やり方は以下の通りです。
⑴ヤフオクのトップページからマイオクをクリック。
⑵マイオク内から出品終了分をクリック
⑶落札者ありの中から落札者削除を行いたい取引を選択
⑷落札者を削除する欄の「落札者都合」にチェックを入れて確認画面をクリック
⑸内容を確認した上、「落札者を削除する」をクリック

⑵取引メッセージでキャンセルを承諾し、そのまま放置。

この方法を取れば、購入者に対して悪い評価を付けずに取引を終了する事が出来ます。

ただし、注意点として、この方法を取る場合は取引落札システム手数料(落札金額に対し8.64%)が出品者に対して請求されます。

出品者
こちらに落ち度がないのに、手数料を取られるのはおかしいじゃないか!!
ごもっともです。
なので、購入者都合でのキャンセルの場合、一度話し合ってみる事をおすすめします。
購入者と話し合う内容
⑴仕様上、悪い評価が付いてしまう旨を伝える。
または、⑵悪い評価を付けない対処法も提案する。
⇒この場合、落札手数料は購入者に負担してもらう。

【出品者】ヤフオクで購入者からキャンセルの申し出があった場合の対処法(⇒支払い後)

先ほどは購入者が支払う前のケースでしたが、支払った後にキャンセルを申し出てきた時はどうすればいいかをお伝えします。

 

出品者
購入者から取引中止(キャンセル)の申し出があった。
購入者が既に支払いを済ませている場合の対処法を教えてほしい。
返金方法は以下の通りです。
⑴ヤフオクのトップページで「マイオク」をクリック。
⑵「出品終了分」をクリック。
⑶「支払いが完了しました」をクリック。
⑷「取引中止をする」をクリック。
⑸「落札者と取引中止を同意した。」にチェックを付けて、取引を中止するをクリック。
以上です。

出品者
出品者都合でキャンセルする場合はどうすればいいのかな?

出品者都合で取引中止(キャンセル)する場合の対処法

 

出品者都合の場合であっても、やるべきことは同じです。

 

出品者都合で取引中止(キャンセル)する場合
⑴購入者に取引中止(キャンセル)にする旨を伝える
⑵取引中止(キャンセル)の処理をする
出品者都合の場合であっても、必ず取引中止(キャンセル)する理由などをしっかりと購入者に伝えましょう。
そして、購入者に同意をもらった上で取引中止(キャンセル)の処理を行ってください。
やり方については、先ほどお伝えした通り、「取引中止のボタン」をクリックするだけです。
おわりです。

【公式LINE】ネット副業で3万円稼げる方法をプレゼント

公式LINEでは、インターネットで稼ぐ方法やノウハウを包み隠さず公開しております。

「在宅ワーク・副業で稼ぎたい!」という方は是非、登録してくださいね。

期間限定で3万円確実に稼げるノウハウをプレゼントしています。

【公式LINEの登録はこちら👇】

スポンサーリンク
おすすめの記事