クラウドワークス初心者
クラウドワークスでチャットワークの誘導をされた場合、
どうすればいいの?
そのまま仕事を引き受けても問題ないのかな?
こんな疑問にお答えします。
スポンサーリンク

【疑問】クラウドワークスでチャットワークへの誘導は違反なのか?

早速、結論からお伝えします。

クラウドワークスの利用規約では、チャットワーク、LINE等へ誘導し、直接連絡することは規約違反となります。

ただし、それはあくまで契約前・仮払い前の話です。

契約後(仮払い完了後)であれば、チャットワーク、LINEで直接連絡してもなんら問題ありません。

また、例外として、依頼内容により、どうしても事前の面談などが必要な場合は、サービス上で契約を行うことを前提として、直接の連絡を許可されることがあります。

そういった契約前に電話やスカイプを希望する場合には、必ず事前に事務局まで連絡をする必要があります。

 

 

契約後の直接連絡(チャットワーク、LINE等)⇒規約違反にあたらない
契約前の直接連絡(チャットワーク、LINE等)⇒規約違反にあたる
⇒例外として契約事前に打ち合わせが必要な場合は事務局へ連絡する。
まとめると、こういうことです。

利用規約に違反した場合はどうなるの?

利用規約に違反した場合はアカウントの利用制限が行われます。

主な制限として、

 

・メッセージが送れなくなる
・仕事に応募できなくなる
・仕事を募集することができなくなる
一度、利用制限になってしまった場合、復活はほぼ絶望的です。
なので、規約はしっかりと守るようにしましょう。

契約前にチャットワークに誘導された場合の対処法

システム利用料を支払いたくないが為に、契約前にチャットワークやLINEに誘導される場合があります。

クラウドワークスのシステム利用料に知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

 

そういう場合は、決して誘いには乗らずにクラウドワークス事務局へ通報するようにしましょう。(その話に乗ってしまうと、あなた自身も利用制限になる場合があります)

通報方法はとても簡単です。
取引メッセージの下あたりに、「違反報告する」といった項目があるので、そこから報告するだけです。

契約後に直接取引を誘われた場合はどうする?

契約前に直接取引をしてはいけないというのは理解してもらえたと思います。

では、もし契約後に直接取引を誘われた場合はどうすれば良いでしょうか?

よくある事例として、

 

⑴とりあえず安い金額で契約だけを行う
⑵チャットワークへ誘導後、直接取引を持ち掛けられる

 

これはよくある手口です。

契約前に直接連絡をするのは絶対にNGなので、とりあえず安い金額で形上の契約を行い、その後、直接取引を持ち掛けられるパターンです。

たしかに直接取引を行うと、本来引かれるはずのシステム利用料がカットされるので、お得ではあります。

しかし、直接取引の場合、クラウドワークスを間に介さないので、なんらかのトラブルがあった場合は自分で対応しなければなりません。

例えば、しっかりと仕事をこなして納品したけれど、報酬が支払われる時に逃げられるというパターンもあるわけです。

ですから、契約後にそういった話を持ち掛けられたとしても、必ず断るようにしましょう。

システム利用料は安心を買う為のものと考えれば、良いかもしれませんね。

今回の記事は以上となります。

お役に立てれば幸いです。

 

【公式LINE】ネット副業で3万円稼げる方法をプレゼント!

公式LINEでは、インターネットで稼ぐ方法やノウハウを包み隠さず公開しております。
「在宅ワーク・副業で稼ぎたい!」という方は是非、登録してくださいね。
期間限定で3万円確実に稼げるノウハウをプレゼントしています👇
【公式LINEの登録はこちら】
スポンサーリンク
おすすめの記事