東京でmenuを利用してみたい人
・menu(メニュー)東京の利用方法や配達エリアを知りたい。
・お得に注文できるクーポンコード情報を教えてほしい。
・配達員として働くにはどうすればいいの?
こんな疑問・要望にお答えします。
スポンサーリンク

【クーポン配布】menu(メニュー)東京の配達エリア/登録方法を解説!

フードデリバリーサービスであるUberEats(ウーバーイーツ)に続き、menu(メニュー)が2020年4月7日より東京でサービスを開始しました。

今回の記事では、menu(メニュー)東京の詳細について詳しくお伝えしていきます。

お得に注文可能なクーポンコード情報もあるので、要チェックですよ!

さっそくクーポン情報からいきましょう。

menuアプリダウンロードでクーポンをGETしよう!

menu(メニュー)アプリをまだ持っていない方に朗報です。

👇からmenu(メニュー)アプリをダウンロードするだけで、1000円OFFになるクーポンコードを受け取る事が出来ます。

 

menu(メニュー)アプリはこちら

⇒Android端末用はこちら

⇒Apple端末用はこちら

※1500円以上の注文に適用されます。
※別途クーポンコードを入力する必要はありません。

 

ダウンロードするだけで自動的に1000円OFFクーポンが付与されますので、早速ダウンロードしてくださいね。

 

既にダウンロードしてしまっている場合はどうなるの?

既にアプリをダウンロードしている方へ

心配無用です。

既にアプリをダウンロードしている方は以下のクーポンコードを入力してください。

 

クーポンコード

☑tpg-5dku8j
アプリのマイページより、「クーポンコード入力」をタップして、「tpg-5dku8j」を入力すればOKです。

menu(メニュー)東京の登録方法・使い方

menu(メニュー)を利用するには、アプリのダウンロードが必要です。

アプリのダウンロードは先ほどしていただきましたね。

まだの方はこちら👇

menu(メニュー)アプリ

アプリをダウンロードしたら、アカウント情報の設定等を行った後、料理を注文しましょう。
一連の流れはこちらの記事で分かりやすくお伝えしているので、併せてご覧ください。

menu(メニュー)東京の支払方法

2020年8月現在では、「クレジットカード」および「デビットカード」のみとなります。

今後は現金などにも対応していく事が予測されます。

クレジットカードの登録方法は以下の通りです。

menu(メニュー)アプリを開き、マイページの「クレジットカード情報」をタップすれば設定可能です。

menu(メニュー)東京の料金の仕組み

注文するのに、実際どれくらい料金が掛かるかを知っておきたい人も多いと思います。

以下をご覧ください。

 

menu(メニュー)の料金の仕組み

【商品代金+デリバリー手数料】
☑商品代金価格は、店頭より約10%~30%割り増し
☑デリバリー手数料は、300円~

ご覧の通り、商品代金に加え、デリバリー手数料が発生します。

デリバリー手数料は、レストランからお届け先までの距離によって上乗せされます。

 

デリバリー手数料

300円から始まり、1㎞以上は0.5㎞ごとに50円ずつアップ
注文したレストランから近ければ近いほど、デリバリー手数料は安くなるという事ですね。

menu(メニュー)東京の対応エリア

menu東京のエリア

新宿区、渋谷区、千代田区、中央区、墨田区、港区、目黒区、世田谷区、杉並区、品川区、大田区、台東区、葛飾区、中野区、豊島区、江東区、文京区、川崎市(武蔵小杉・川崎幸区の一部)
サービスが開始した当初は渋谷近辺だけでした。
しかし、2020年8月現在では、広範囲で利用できるようになりました。
UberEats(ウーバーイーツ)同様に、今後は主要区だけでなく、その周辺エリアにも拡大していくことが予想されます。

menu(メニュー)東京の配達クルー登録方法

現在、menu(メニュー)では配達クルーの増員を急ピッチで行っております。

UberEats(ウーバーイーツ)もそうでしたが、サービス開始の初期段階はかなり稼ぎやすいので、始めるなら今のタイミングがベストでしょう。

menu(メニュー)配達クルーの登録方法についてはこちらの記事で分かりやすく解説しておりますので、配達クルーとして働きたい方は併せてご覧ください。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事