配送方法について知りたい人
アリエクスプレスの配送方法が多すぎて、どれを使えばいいのか分からないなぁ。
それぞれの特徴や違いを知りたいな。
おすすめの配送方法は?
こんな疑問・要望にお答えします。
スポンサーリンク

【完全網羅】Aliexpressの配送方法を徹底比較!どれがおすすめ?

「Aliexpress(アリエクスプレス)の配送方法が多すぎて、結局どれがいいの?」

こんな疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

Aliexpress(アリエクスプレス)はアジア圏だけではなく、ロシア、ヨーロッパなどで利用されています。

その為、配送方法がたくさんあるということですね。

また、ショップによっても選択できる配送方法が変わってきます。

今回の記事では、それぞれの配送方法について分かりやすく解説していきますので、特徴を押さえて自分にあった配送方法を選んでくださいね。

おすすめの配送方法2選

以下の2種類の配送方法は個人的によく利用しています。

 

⑴China Post(Registered)Air Mail
⑵AliExpress Standard Shipping

⑴China Post(Registered)Air Mail

「China Post(Registered)Air Mail」は書留扱いになり、日本国内で追跡が可能です。

書留扱いのため、ポストには投函されず、直接受け取りのサインが必要となります。

追跡番号の更新もe-packet(後述)と比べて早く、荷物の追跡もしやすいのでおすすめの配送方法の1つです。

配送期間の目安:13日~20日前後
追跡:あり

⑵AliExpress Standard Shipping

「AliExpress Standard Shipping」は業者側(ショップ)がAliexpress側に発送を委託する配送方法です。

先ほどの、「⑴China Post(Registered)Air Mail」は業者⇒日本の流れでしたが、「AliExpress Standard Shipping」は業者⇒Aliexpress物流倉庫⇒日本といった流れとなります。

配送期間の目安:13日~20日前後
追跡:あり

 

ここまでのまとめ

⑴China Post(Registered)Air Mail
業者(ショップ)⇒日本へ⑵AliExpress Standard Shipping
業者(ショップ)⇒Aliexpress物流倉庫⇒日本へ

 

おすすめできない配送方法5選

ここからは安くてもおすすめできない配送方法をご紹介します。

 

⑶ePacket
⑷China Post Ordinary Small Packet Plus
⑸Sellers Shipping method
⑹SunYou Economic Air Mail
⑺Yanwen Economic Air Mail

⑶ePacket

e-packetは配送無料の場合がほとんどで、追跡機能もあります。(ポスト投函)

しかし、追跡情報の更新が遅くあてにならない上に、商品が届くのが20〜40日とかなり遅いです。(稀に追跡が出来ない場合があります)

特に僕のように無在庫転売を行っている方であれば、発送の遅延は致命的です。

多少コストは掛かっても、⑴China Post(Registered)Air Mailなどに変更することをおすすめします。

配送期間の目安:20日~40日
追跡:あり

⑷China Post Ordinary Small Packet Plus

「China Post Ordinary Small Packet Plus」は普通郵便みたいなものだとイメージしてくもらえれば分かりやすいと思います。

その為、追跡機能はありません。

配送期間の目安:15日~30日
追跡:なし

⑸Sellers Shipping method

「Sellers Shipping method」は追跡番号がなく、ショップが配送するのに一番安い方法です。

その為、届くまでにかなりの時間を要する場合がほとんどで、配送期間の目安は30日~60日前後となります。

いくら配送料が無料とはいえ、まず使う事はないですね。

配送期間の目安:30日~60日
追跡:なし

⑹SunYou Economic Air Mail

SunYou Economic Air Mailは追跡無しで配送期間は30日~60日程度です。

おすすめはしません。

配送期間の目安:30日~60日
追跡:なし

⑺Yanwen Economic Air Mail

⑹とほぼ同様です。

おすすめはしません。

配送期間の目安:30日~40日
追跡:なし

コストは高いが、迅速かつ安心できる配送方法3選

ここからは多少コストを掛けても、迅速かつ安心して商品を受け取りたい方向けとなります。

 

⑻AliExpress Premium Shipping
⑼EMS(国際スピード便)
⑽国際宅急便(Fedex・DHL・UPS)

 

⑻AliExpress Premium Shipping

Aliexpress Premium Shippingは⑵AliExpress Standard Shippingよりも早く到着する分、配送料も割高($20以上)になります。

配送期間の目安:7日~14日
追跡:あり

⑼EMS(国際スピード便)

EMSは国際スピード便ともいいます。

日本から海外に荷物を発送するときにも定番の配送方法なので、聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

追跡番号ありで、配送期間の目安は7日~14日前後ですが、早く到着することの方が多い印象です。

日本郵便のサービスということもあり、保証もしっかりしているので、安心を買いたい人はEMSはおすすめです。

配送期間の目安:7日~14日
追跡:あり

⑽国際宅急便(Fedex・DHL・UPS)

Fedex・DHL・UPSは国際宅配便サービスで、日本でいうヤマトや佐川が宅配便サービスに該当します。

通関手続きがスムーズですので、EMSより早く届きます。

なぜなら、郵便サービスの通関審査は税関が直接審査をしますが、宅配便サービスの場合は税関に委託された民間企業が代わりに通関手続きを行うからです。

税関は常に混み合っているので、宅配便サービスの委託業者のほうが通関手続きがスムーズということですね。

通関の手続きが早いということは、それだけ日本国内に早く届くということになります。

配送料は4000円〜5000円ほどと郵便サービスと比べてやや高めですが、早ければ1週間経たずして届くこともあるので、1日でも早く商品が欲しいという人は国際宅配便サービスの利用をおすすめします。

ただし、デメリットもあります。

委託された通関業者は商品の通関を税関に報告する義務があるので、開封して中身をチェックされてしまいます。

グレーな商品だと没収されやすい上に、課税の対象であれば関税の請求がきます。

ここだけの話、税関の審査のほうが緩いので、上記のデメリットが気になるようであればEMSなどの郵便サービスの利用をおすすめします。

配送期間の目安:7日~14日
追跡:あり

 

まとめ【LINE登録特典プレゼント】

いかがでしたでしょうか。

Aliexpress(アリエクスプレス)における配送方法の理解が深まったのではないでしょうか。

一見すると複雑ですが、こうやって整理してみると、そこまでややこしいものではありません。

それぞれの配送方法に長所と短所はありますので、その時の状況に応じてベストな配送方法を選択しましょう。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

さて、 僕が運営する公式LINEでは、物販ノウハウを包み隠さず公開しております。

「在宅ワーク・副業で稼ぎたい!」という方は是非、登録してくださいね!
期間限定で3万円確実に稼げるノウハウをプレゼントしています👇
【公式LINEの登録はこちら】

スポンサーリンク
おすすめの記事