アリエクスプレスで不良品が届いた場合や商品が届かなかった場合の返金・返品方法を知りたいな。
というか、そもそも、返金・返品って出来るのかな...
こんな疑問・要望にお答えします。
スポンサーリンク

【緊急】Aliexpressで返金・返品をする方法を分かりやすく解説します。

AliExpress(アリエクスプレス)は、中国の大手ECサイトです。

商品を安く仕入れることが出来る反面、取り扱い商品が中国製というだけあって不良品が届くこともあります。

今回の記事では、初心者の方でも分かりやすいようにAliexpress(アリエクスプレス)の返金方法を解説しますので、参考にしてください。

 

 

Aliexpress(アリエクスプレス)で返金・返品を行う際の2つの注意点

まずAliexpress(アリエクスプレス)で返金・返品を行う際に知っておくべき点が2つあります。

2つのポイント

⑴受け取り確認はしてはいけない
⑵受け取り後、3日以内に返金・返品処理を行う

⑴受け取り確認はしてはいけない

1つ目は、受け取り確認をしてはならないというです。

なぜなら、購入者が受け取り確認をすることでAliexpress(アリエクスプレス)からショップ側に入金される仕組みとなっているからです。

仕組みとしては、メルカリと同じです。

 

仕組みの理解

販売者-メルカリ-購入者
⇒購入者が受け取りをすることで、メルカリから販売者に入金される販売者-アリエクスプレス-購入者
⇒購入者が受け取りをすることで、アリエクスプレスから販売者に入金される

 

つまり、Aliexpress(アリエクスプレス)は購入者からの商品代金を一時的に預かる形となり、購入者が受け取り確認をすることで販売者に入金されるということです。

よって、返金・返品を希望する場合は絶対に受け取り確認をしてはいけません。

⑵受け取り後、遅くとも3日以内に返金・返品処理を行う

返金・返品処理をする場合、期間が空くほど返金されにくくなります。

受け取り後、3日以内に処理の方を進めましょう。

Aliexpress(アリエクスプレス)で返金・返品を行う下準備

返金・返品の具体的な手順に入っていく前に準備をする必要があります。

まず、返金・返品のやり方は2種類に分ける事が出来ます。

 

⑴販売者と直接やり取りする方法
⑵Aliexpress(アリエクスプレス)を通す方法
基本的に、⑴の販売者と直接やり取りする方法を取り、それでも解決しない場合は⑵のAliexpress(アリエクスプレス)を通す方法を行います。

⑴販売者と直接やり取りする方法

販売者に直接やり取りする流れは以下の通りです。

まずは「My orders」から返金・返品したい商品を選択しましょう。

そして、赤枠の「Contact Seller」をクリックします。

そして、商品に破損があった等のメッセージを英語で送ります。

Google翻訳で文章を作成すればOKです。

もし、面倒な方はこちらのテンプレをご利用ください。

Hello!

The product was damaged.

I would like a refund.

Order ID: 8016866370107728

こんにちは!

商品に破損がありました。

返金を希望します。

Order ID: 8016866370107728

これで販売者へのメッセージは完了ですので、返事を待ちましょう。
場合によっては、返金ではなく、再発送を提案してくれる販売者もいます。
急ぎでない場合は再発送に応じるのもありですね。
その場合は2〜4週間ほど待つのが一般的です。

⑵Aliexpress(アリエクスプレス)を通す方法

販売者が返金・返品に応じない場合は、Aliexpress(アリエクスプレス)を通します。

Aliexpress(アリエクスプレス)を通した紛争解決には、公開裁判である「Open Dispute(オープン紛争)」を利用します。

Open Dispute(オープン紛争)への連絡は、商品が到着してから3日以内に行うようにしてください。

具体的な手順については次の項目で詳しく解説します。

まずは下準備として3つの証拠を用意してください。

・メッセージ画面のスクリーンショット(販売者とのメッセージのやり取り)
・商品画像
・追跡画面のスクリーンショット(商品の到着時期)

Aliexpress(アリエクスプレス)で返金・返品を行う手順

では、実際の手順を解説していきます。
Aliexpress(アリエクスプレス)の返金・返品には「部分返金」と「全額返金」があります。

2種類の返金方法

⑴部分返金
⑵全額返金
部分返金、全額返金どちらにするかは、その時の状況によって決めるようにしてください。

⑴部分返金の手順

商品に問題はあるけれど返品するほどでもないという場合は、部分返金を依頼することになります。

返送する場合、基本的に自己負担になりますので、わざわざ返送費をかけてまでという方は部分返金がおすすめですね。

部分返金を依頼する場合は、証拠画像を用意します。

証拠画像が用意できなければ、部分返金は不可能ですので必ず用意してください。(スマホで撮影すればOK)

部分返金を依頼する方法は以下の通りです。

⑴返金した商品の「View Detail」をクリックします。

⑵「Open Dispute」をクリックします。

⑶「Refund Only」をクリックします。

⑷それぞれの項目を入力して、「Submit」をクリックします。

英語が分からない方はGoogle翻訳をご利用ください。

全て入力し終わったら裁定期間に入ります。

裁定期間は5日間程度です。

⑵全額返金の手順

全額返金は主に商品が届かない場合に行うのが一般的です。

60日経過しても商品が届かない場合や商品が発送されない時は、全額返金を依頼を行います。

事前に販売者に先ほどお伝えした手順で商品が届かない旨のメッセージを送信して、全額返金の準備を進めます。

また、商品が届いていて全額返金を依頼する場合は必ず商品を返品する必要があります。(発送費は自己負担)

全額返金の手順は以下の通りです。

 

⑴部分返金と同様に「Open Dispute」をクリックします。

⑵「Refund Only」をクリックします。

⑶「物流追跡問題」⇒「購買保護期間が切れましたがパッケージはまだ郵送中です」を選択します。

「Refund Amount」は商品代金の満額を入力します。

画像は販売者とのやり取りをアップロードしましょう。

返金依頼後の流れ

返金依頼後は、5日間の裁定期間を待ちます。

販売者が弁明してきても拒否してください。裁定期間が終わって2日~3日すれば、Aliexpress(アリエクスプレス)による裁定が下されます。

返金が受理されたら、クレジットカードに商品代金分が戻ってきます。

まとめ

慣れないうちは少しややこしいかもしれませんが、なんからのトラブルが発生した場合、泣き寝入りしない事が大切です。

特にAliexpress(アリエクスプレス)は安くで商品を買える反面、販売業者を間違ってしまうとトラブルになってしまいます。

ただ、ある程度事前にそういったトラブルを避ける事は可能ですので、その方法について知りたい場合はこちらの記事も併せてご覧ください。

 

 

【公式LINE】ネット物販で3万円稼げる方法をプレゼント中!

公式LINEでは、インターネットで稼ぐ方法やノウハウを包み隠さず公開しております。

期間限定で3万円確実に稼げるノウハウをプレゼントしていますので、ぜひご登録ください。

Aliexpress(アリエクスプレス)で稼ぎたい方は必見ですよ^^

【公式LINEの登録はこちら👇】

 

スポンサーリンク
おすすめの記事